FC2ブログ
0 comments
0 trackbacks

どうも、つかじゅんです。
メガゲンガーでピロロロしたい欲に駆られた人間を満足させるために構築を組みました。
そこそこ合法なはずです。参考までにどうぞ。

カバメガZ
メガゲンガー用の起点ギミックにカバルドンと電磁波カプ・コケコを採用。
カバコケコの並びに相性の良いボーマンダと鋼枠としてテッカグヤをin。
最後に雑に強いポケモンミミッキュを入れて完成した。

094-m.png
・メガゲンガー@ゲンガナイト
【調整】おくびょうB6C252S252
【技】たたりめ/ヘドロばくだん/みがわり/さいみんじゅつ
雑に強い催眠ゲンガー。基本的には麻痺状態の相手に《みがわり》を連打してバグ待ち。バグってみがわり人形が残ったら《たたりめ》で処理。後はみがわり人形を盾に相手を倒していく。
《さいみんじゅつ》の後に《みがわり》はあまり使用しない方がいい。よほど追い込まれているときは別だが、最速起きされたときのリスクが高いので《さいみんじゅつ》の後にはすぐに《たたりめ》でいいと思う。あと《ヘドロばくだん》2回で倒せる相手を前にノーダメージで倒したいからと《さいみんじゅつ》をうつ必要はあまりないと思う。できるだけ《さいみんじゅつ》は使わず、必要なときだけ使うようにするといい感じに勝てると思う。

450.png
・カバルドン@半回復実
【調整】わんぱくH252B252D6
【技】じしん/ステルスロック/あくび/ふきとばし
起点作成カバルドン。リザードンやルカリオと組み合わせるタイプは初手にカバルドンを出して《ステルスロック》+《あくび》のループを狙うが、初手カバルドンは読まれやすいので後発の方がいいと思う。ミミッキュなんかの物理アタッカーに後投げする形が奇麗。
出た後することは同じ。ステルスロックとあくびで裏のゲンガーやボーマンダが積むためのサポート。テッカグヤボーマンダあたりと一緒に選出してサイクルをまわしてもいい。

373-m.png
・ボーマンダ@ボーマンダナイト
【調整】わんぱくH252B252S4
【技】おんがえし/みがわり/りゅうのまい/はねやすめ
カバルドンの相棒枠。サイクルをまわしてもいいし、カバが作った起点を使って《りゅうのまい》から全抜きを狙ってもいい。
《はねやすめ》があるのでサイクルを回しても消耗しにくい。HPを大事にしたいので攻撃技は《すてみタックル》ではなく《おんがえし》。たまに懐いていないボーマンダがいるので懐き度には注意。

797.png
・テッカグヤ@たべのこし
【調整】しんちょうH252B6D252
【技】ヘビーボンバー/やどりぎのたね/まもる/みがわり
カバルドン・ボーマンダと共にサイクルを回す役。カバルドンやボーマンダが嫌う特殊アタッカー、特にドラゴン・フェアリー・氷・水タイプあたりを受ける役。代わりにほのお・でんきあたりはカバやマンダに受けてもらえる。
《やどりぎのタネ》はサイクルを回す上でダメージを稼ぎつつ体力を回復できる重要な技。基本的にはこれで削りつつたまにヘビーボンバーを挟んでいくような形。《まもる》はたべのこしとやどりぎ分回復できて強いが、読まれて交代されやすい技でもあるので使用タイミングには注意。

785.png
・カプ・コケコ@デンキZ
【調整】おくびょうB6C252S252
【技】10まんボルト/でんじは/くさむすび/ちょうはつ
メインウェポンとなる10まんボルト・ゲンガーが積むための麻痺タイミングを作る《でんじは》・相手のバトンタッチ系やその他ギミック系に対しての《ちょうはつ》・対カバルドン等への《くさむすび》の4つ。
基本的には初手選出。相手にじめんタイプがいるなら安易にデンキZは使わない方が良さそう。
持ち物をカプZに変えるのもありかもしれない。

778.png
・ミミッキュ@ミミッキュZ
【調整】いじっぱりH6A252S252
【技】じゃれつく/シャドークロー/かげうち/つるぎのまい
無難に強いZ型ミミッキュ。化けの皮を縦に《じゃれつく》+《かげうち》とかで対面を処理。ミミッキュよりも遅いポケモンに対しては《つるぎのまい》+《ぽかぼかフレンドタイム》で強引に削っていく。


・基本選出1(Z+メガ+カバルドン)
ミミッキュorカプコケコ + カバルドン + メガゲンガーorメガボーマンダ

・基本選出2(サイクル)
カバルドン+テッカグヤ+ボーマンダ

適宜更新していきます。
スポンサーサイト

グラジオ圧縮MMサーナイトGX

【USUMシングル】ムラっけドーブルバトン

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)