0 comments
0 trackbacks

どうもつかじゅんです。今年もそろそろPCLの季節ですね。
今年も懲りずに負けたので恒例の構築ぶっ壊し(晒し)会をしたいと思います。

今回の使用構築はこれ。
ランドトリル

ダブルレート1500→1700ほど(10戦程度)
Showdownダブル 1200→1500ほど(ランキング入り、勝率8割ちょっと)

今回の構築のスタート地点は脱出ボタンカポエラー。霰トリルパをまわしていたところ、ブルンゲルに絶対にトリルを張らせてくれさなそうなサザンドラ+ガルーラの並びを選出されたが、脱出カポでぐるぐるした結果、ユキノオーを犠牲にしたものの2ターン目に出し直したカポがねこだましでサザンを抑え、トリックルームを起動することができた(試合には負けた)。
この脱出ボタンからの2ターン目ねこだましによりトリル展開がスムーズに行えるのではと考え、優秀な威嚇要員である霊獣ランドロスに脱出ボタンを持たせ、最強の猫だまし持ちであるガルーラの2ターン目猫だましによるトリル展開という構築ができあがった。トリル起動には最も信頼のおけるクレセリアを。残りはトリル下でアタッカーとなれるニンフィアドランとトリル下で強く雨への対策という面でも役割が持てるモロバレルを採用しこの並びとなった。

Showdownとレートで合わせて20試合ほどしたが、トリルを張ろうとして貼れなかった試合はなかった。
Showdownというのはネットブラウザでポケモンの仮想対戦ができるサイト。レートは本家と違い1000スタートなので人口の多いダブルレートでも1位が1800に乗るかどうかくらいだった。1500ならまぁそこそこぐらいなのかな(良く分かってない)。

以下個別解説
kangaskhan-mega.gif
・メガガルーラ@ガルーラナイト
【調整】勇敢最遅H252A252D6
【技】すてみタックル/ねこだまし/けたぐり/ふいうち
安心と信頼のガルーラをHAで再現。陽気けたぐり耐えは落ちるし相手のけたぐりやら馬鹿力は耐えるしですごい安心感。ガルーラは何させても強かった。最遅で実値94まで落ちるので無振りドランよりも下が取れ、振り次第ではニンフィアあたりも下を取ることができたりできなかったり。
こいつのおかげで安心してクレセがトリルを展開できる。やっぱクレセの良きパートナー(百合)。

cresselia.gif
・クレセリア@メンタルハーブ
【調整】H222B150C122D165S81(実数値) 生意気最遅
【技】サイコキネシス/れいとうビーム/トリックルーム/てだすけ
トリル展開用の最遅クレセリア。ギルガルドやサザンドラの攻撃が怖いのと、威嚇でカバーできない対特殊用に呑気ではなく生意気を採用した。図太いクレセリアを厳選しているときに偶然捕まった産物。HBDVでASが0でCが29ぐらい。神。
Cにもそこそこ割いたおかげで結構クレセリアだけでも仕事してくれるのが強かった。れいとうビームで無振りのランドやガブあたりが圏内なのでトリル後に上から縛ることができる。手助けはニンフドランガルあたりの火力増強に。
やっぱトリルと言えばクレセと言われるだけのことはある性能だった。

heatran.gif
・ヒードラン@いのちのたま
【調整】冷静最遅HC252D6
【技】ねっぷう/だいもんじ/だいちのちから/まもる
噴火をしたい冷静ヒードラン。甘んじて熱風を採用したが、そのせいで本番敗退することになった戦犯。
ねっぷうがメイン火力。大地はミラー対策。まもるは流石に欲しかった。もともとラストはラスターカノンだったが、ワイガギルガルドをワンキルできる火力として珠だいもんじを採用することとなった。
タイプがとても優秀であり、ねっぷうさえ外さなければとても強かった。ねっぷうさえ外さなければ・・・。

landorus-therian.gif
・ランドロス@脱出ボタン
【調整】意地HA252D6
【技】じしん/いわなだれ/とんぼがえり/ばかぢから
この構築のキーとなるポケモン。基本的にガルーラは放っておいていいポケモンではないので、毎ターン何かしらの技が飛んでくることが考えられる。そこにランドロスを投げることでガルーラの猫だましを復活させたり、裏のエースをターン消費なく安全に降臨させることができるパーティの潤滑油的な存在。上から殴る予定が先制技でボタン発動して戻ってしまうなどの暴発が起こることもあったが、確実にパーティの遂行速度は上げてくれたと思う。
勇敢ランドなんて持ってる人いないので意地での採用だったが、こいつも本当は勇敢最遅がよかった。

sylveon.gif
・ニンフィア@こだわりメガネ
【調整】H191B97C178D150S58(実数値)冷静最遅
【技】ハイパーボイス/ねごと
技を見れば分かる脳筋ポケモン。暴走させれば止まることはなかった。ワイドガードにさえ気を付ければトリルの続く限りひたすらに仕事ができる。お前のようなポケモンがブイズなわけがない。
雑に強かった以外に書くことが無い。ただ純粋に火力がえぐかった。こいつのおかげでトリルターン内に決着がつくことも多かった。

amoonguss.gif
・モロバレル@たべのこし
【調整】のんき最遅HB252D6
【技】キノコのほうし/ギガドレイン/いばる/おさきにどうぞ
対モロバレル、雨枠。トリル下での先制キノコの胞子は強力であるためすんなりと採用された。
テンプレのモロバレルは胞子ギガドレまもるいかりのこなであることが多いが、威張るとお先にどうぞはトリル下での対モロバレルへの解答である。
バレルに対しては胞子も通らず、C特化ヘドロ爆弾でもHモロバレルに1/3入れるのが限度だったので、威張るによるワンチャンか、お先にどうぞでこちらのバレルの後に動き、相手のモロバレルよりも先に行動するということを優先した。それにあたってお互いに同速では50%の運に頼ることになってしまうのでモロバレルのレベルを49に下げることを考えた。しかしタマゲタケの胞子習得レベルが50であり、バレルの基本技に胞子がなかったため、通常の厳選個体では49バレルは実現できなかった。仕方なく胞子持ち2体で卵を作り胞子を遺伝させたタマゲタケを孵化したが、結局PCL当日には厳選運の無さ(理想+ほぼ理想(1か所欠け)で50匹は孵化したが理想の夢は孵らず)のせいもあり、個体が準備できなかったのでレベル50で挑むこととなった。


・使用感
ワイドガードギルガルドが比較的重かったのと、やっぱりモロバレルがゲロい。メイン火力がダブルダメージの技(ハイボ、熱風等)なので無いと思っていたタイミングでワイドガードを決められると一気に負けに持って行かれることも多かった。

基本選出はガルクレセ@2
@2枠は相手次第でこんな感じ↓
相手にねこだまし持ちがいるとき:ランド+ニンフorドラン
いないとき:ニンフ+ドラン
相手にバレルがいるとき:バレル+ニンフorドラン

基本選出ってか良く考えず上の選出をしていただけなのでもう少しモロバレルやランドロスの扱いをしっかり固めたかった感しかない。ただこのランドがいるだけでトリルの成功率はかなり高かったのでスタン偽装のトリルも強かったが、ガチトリルを組んでみてもいいと思った。このあたりはまだ色々できる気がする。

脱出ランドトリル展開にだって可能性感じたんだって記事でした。


スポンサーサイト

【ORASトリプル】追い風ガルーラスタン

【雑記】アマルルガグレイシア

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)