FC2ブログ
0 comments
0 trackbacks

フリーでメガレックウザ使ってガリョウテンセイVジェネレートしてるのが楽しいつかじゅんです。
今回は合法的に↑のことができる公式大会「ジェネレーションショウダウン」に参加してきました。(レックウザ入りとは言ってない)

Ges.png

戦績は23勝4敗3回線エラー エラー打ち分け(優勢時1/劣性時1/見せ合い時1)
最終レート1713  最高レート1750程度

回線エラーを許してはいけない。28戦目と29戦目で切れてレートとテンションが急暴落しました。あと1つは6戦目ぐらい。
前のブイズローテでもこんなんだった気がする。故意の切断とエラーとの区別がつけばいいのに・・・

まぁ愚痴はほどほどに構築の概要へ。
今回の構築のコンセプトは「種族値」。ゲンシカイキはメガシンカとの共存が可能であり、同じく種族値が100も上昇するため、今回の大会は実質メガ枠を3体使えると言っても過言ではない。よって伝説枠はグラードンとカイオーガに決定。
あとはこいつらをどのように活躍させようかと考えた結果、以下のような展開が見つかった。

・ガルーラニンフィア型:ガルーラの横に高火力全体攻撃技持ちを置いて無双
・クレセドラン型:多彩なS操作ができるクレセリアで横を動きやすくする。手助けで火力の底上げもできる
・追い風展開型:追い風でSを上げ、高火力技で蹂躙するだけの脳筋展開パターン
・この指とまれ型:色々吸ってる間に横が暴走。つよい

どれも全国ダブルで良く見かける強力なものであり、これをこの大会でも利用できればと思い上の構築が誕生した。


以下個別解説
PGroudon_ORAS.gif
・グラードン@紅色の珠
【調整】控えめCS
【技】ふんか/だいちのちから/だんがいのつるぎ/まもる
エースその1。種族値770の化け物。終わりの大地のせいで今回のGSで一番良く見かけた気がするポケモン。
断崖の剣という強力な技の存在から物理型が一般的なようだが、今回は特殊型で採用。
ゲンシカイキしたことでCが150に上昇し、炎タイプを獲得したために噴火の威力が飛躍的に上昇した。A特化の断崖の剣の指数がダブル補正込で34425なのに対し、晴れ噴火は56194。つまり無振りメガガルーラが落ちる。つよい。
そしてもう1つ。グラードンミラーにおいて、物理グラードンは特化断崖の剣でも無振りグラードンを落とすことができないが、特殊グラードンの大地の力であればH252グラードンまでを超高乱数1発でもっていくことができる。実際、大地の力を耐えられたグラードンは30戦中に存在しなかった。
トップメタのグラードンとのミラーに強く、噴火による単体性能も非常に高く、また相手が物理型と勘違いして立ち回ることも多かったのでとても優秀だった。今更物理ゲンシグラとか使える気がしない。

PKyogre_ORAS.gif
・カイオーガ@藍色の珠
【調整】控えめCS
【技】しおふき/れいとうビーム/こんげんのはどう/まもる
エースその2。今までGSではスカーフオーガの印象だったが終わりの大地のせいで天下が終わってしまった悲しい子。
こいつの雨潮吹きの指数はグラードンを更に超えて64547にもなるが、やはり水無効は辛かった印象。
相手がグラードンで天候を上書きできない状態でないと安心して水技が打てないため、出番はいつも最後の方になっていた気がする。それでもその圧倒的な火力に助けられたことは間々あった。
ガルマンダの捨身、アローのブレバ、クチの不意打ちがとても痛くて辛かった。B90は低い。A150もいらない。

kangaskhan-mega.gif
・ガルーラ@ガルーラナイト
【調整】陽気AS
【技】ねこだまし/すてみタックル/ふいうち/けたぐり
安心と信頼のASガルーラがここにも登場。ゼルネアスとかいうニンフィアと組んでGS版ガルニンフをやるととても強いが残念ながらうちのゼルネアスは意地っ張り(過去記事参照)のためオーガグラの展開補助に。相手のカイオーガ、ゼルネアスに強く、グラードンも素早さは抜いているので相変わらず強かった。
でもマンダに活躍を奪われ気味で選出率はそこまで高くなかった模様。

MSalamence_ORAS.gif
・ボーマンダ@ボーマンダナイト
【調整】無邪気AS
【技】すてみタックル/りゅうせいぐん/おいかぜ/まもる
メガ枠その2。当初この枠はファイアローだったが、相手のグラードン等物理アタッカーに対して威嚇が撒きたかったのと、レックウザに強いポケモンが欲しかったので最速メガマンダに変更した。ShowDownで回してる時にどのレックウザも流星群1発で吹き飛んでいたので全く疑いがなく確1だと思っていたが、無振りメガレックウザに対して乱数1発75%だったことが判明。少しAから削って確定にした方がよかった。
序盤の低レートのときはガルマンダとかいうメガ両選出をして、相手次第でどっちをメガらせるかを変えながら追い風展開しているのが強かった。終盤の高レートではマンダバレル選出で追い風サポートを確実に決めたり、胞子で相手を抑えながら裏のエース達を降臨させるとかいう展開をよくやっていた気がする。思ってた以上の活躍をしてくれた影のMVP。

cresselia (1)
・クレセリア@オボンの実
【調整】穏やかH196B84C4D156S68
【技】サイコキネシス/こごえるかぜ/てだすけ/トリックルーム
久しぶりの通常色クレセリア。やっぱ過去作解禁はいいっすねぇ^~。
調整は全国ダブル用のなので特に意味はない。HPが怒りの前歯でオボン発動するように&オボン効率で4nだったり、Dは11nだったり、凍える風後にガブ抜きだったり色々。
相手のトリルをひっくり返したり、凍える風でS操作したり、手助けで火力うpしたりとやっていることはいつもと同じ。ただ横が狂暴になっただけ。安定はしていたが手助けがなくとも火力は割と十分だったのであまり選出機会はなかった。

amoonguss.gif
・モロバレル@メンタルハーブ
【調整】図太いHB
【技】ギガドレイン/キノコのほうし/いかりのこな/まもる
何故高種族値スタンに入ってきたとかいう突っ込みが入りそうな害悪キノコ。464族らしい。
グラードンカイオーガの微妙なS的にトリル展開は十分に予想できたのでありきたりだが下から胞子を打てるコイツを採用。昔はグラードンとかディアルガと仲良くトリルしてたし・・・。
ゼルネアスの攻撃を半減で受けられるのでゼルネアスストッパーとしても機能してくれた。
ボルトレパクロバあたりがこぞってコイツに挑発打って止めた気になっているのを分からせるのすごく楽しかったので持ち物はハーブで正解だったと思う。横でジオコンしてたゼルネはそのまま永眠しましたとさ。
後は相手のPTに全体攻撃が少ないときは、キノコが攻撃吸って横で噴火だの潮吹きだのしてるだけで勝てたりもした。
低種族値なのに強かったコイツがよくわからない。もしかして、コンセプト崩壊?


合計種族値が770+770+700+600+590+464=3894 平均649の超高種族値スタン。
とりあえず禁止伝説出さないのは弱そうだったのでグラカイの選出率は100%
次に高かったのが予想外にもメガマンダだった。詳しい数は数えてないので割愛。
後はガルとバレルが半々ぐらいでクレセはちょっとだけという感じ。
基本選出が、上にも書いたがガルマンダ+グラカイかマンダバレル+グラカイの2つ。どちらも場が整う頃に伝説が降臨しやすかったので強かった。
たまに初手からグラ+ガルorバレルみたいな感じで噴火ぶっぱするようなこともあった。カイオーガいつも最後。
相手がバレルだけで対応しきれなさそうなトリパだったときのみクレセを選出したような気がする。


全体として
・グラードンが強かった
・だって追い風マンダに可能性感じたんだ
という大会だった。
普段使えない伝説達を使って戦えたのは普通に楽しかったのでまた機会があったらぜひ参加したい。
追い風マンダは全国ダブルでも使えるので、ワンチャンを見いだせたらと思う。

参考がてらPGLに残ってたBVを3本ほどあったので動画にして残しておく。
見事に後半の試合しかなかったので選出がどれも同じなのはご愛嬌。
1戦目 0:00~ vsボルトロスイベルタルグラードンクレセリア
2戦目 5:12~ vsランドロスカイオーガクレセリアクチート
3戦目 9:14~ vsガルーラゼルネアスグラードンモロバレル 




後書き
期末試験及びジェネレーションショウダウンと同時並行で行われていたイベント「それは恋の詩」も本日終了。
前半は試験に追われ、後半は受験が終わった知り合いたちとモンハンしてたらいつのまにか最終日になってたので、今朝の6時までシャンシャンする羽目に。まぁとりあえず3枚取りはできたのでよかった。

穂乃果ちゃん可愛い。



スポンサーサイト

シングルレート2000達成

【第130回九尾杯予選抜け構築】クチートカイリュー

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。