FC2ブログ
0 comments
0 trackbacks

どうも、最近ダブルやらトリプルやらで忙しかったつかじゅんです。
今回は久しぶりに九尾杯に参加してきました。シングル勢に戻ってきたって感じです。

まずは結果から。
第130回九尾杯 参加人数:371名
予選:6-1 23位
本戦:1回戦敗退 ベスト48

うん、まぁ、ね?って感じの結果です。個人的には久しぶりに予選抜けできたのでうれしかったです。
本戦がアレなのでまだ良かった予選の23位を主張します()。

ちなみにレートはシーズン8で50戦弱やって1700ほどです。まだシーズン初期なのであまり参考にはなりませんが・・・


クチカイリュー

今回の使用構築はクチートカイリュー軸の対面構築のような積みサイクルのような構築。
まぁ積んでやられて積んでを繰り返す積みサイクルは対面構築とも取れるというのが個人的な見解です。
以下この構築ができるまでの経緯。

シングルで何使おう?

剣舞ニトチャリザXが強そうに見えた

同じく剣舞するメガでかつ等倍先制技でガルを狩れる奴がいるらしい

†メガクチート†

ステロ+剣舞不意打ちでガルガブ等の高種族値アタッカーを処理できるメガクチートを軸に据え、相性補完が優れたカイリューとの並びを取り入れました。後はステロ撒き兼削りができガルーラに強いカバルドン、初手リザがどっちでも処理できる対面の王キノガッサ、ヒードランギルガルドマンムーを見れる身代わりスイクン、ゲンガーとか草に強いファイアローって感じでとんとんと入りました。

以下個別紹介のコーナーに入ります。


mawile-mega.gif
・クチート@クチートナイト
【調整】意地HA
【技】じゃれつく/ふいうち/はたきおとす/つるぎのまい
強いて可愛いクチートちゃん。じゃれつくははずすもの。
有利対面を見つけて舞えばある程度の相手をふいうち圏内に入れられる神ぽこもん。リザードンとかガブリアスとかガルーラとかは剣舞さえできれば倒すことができる。唯一苦手なものはゲンガーとかいう鬼火道連れマシーン。
時には強引に舞いにいかなきゃいけなくなったり、不意打ちの択ゲーを迫られるがうまく立ち回れればつよい子
言うまでもなくうちのエース。

dragonite.gif
・カイリュー@いのちのたま
【調整】意地AS
【技】げきりん/しんそく/ほのおのパンチ/りゅうのまい
良きクチートの相方?強いのか弱いのかよく分からないポケモン。
有利な相手は多く、神速での打点調整も優秀。舞える機会も多く、そこそこ仕事はできる印象。
し か し、安直に逆鱗は打てないしサブウェポンは火力ないし鬼火喰らうしかと言って珠ないと火力ないしでどうしようもない。一番嫌なのは折角舞ったのにフェアリーとか鋼出されてどうしようもなくなるパターン。
できれば炎のパンチの枠をVジェネレートに、げきりんをガリョウテンセイにしたい。よしレックウザを使おう。


hippowdon-f.gif
・カバルドン@ゴツゴツメット
【調整】腕白HB
【技】じしん/がんせきふうじ/ステルスロック/ほえる
ステルスロック撒き役兼物理受け云々兼適当な削り担当。
タスキ枠をガッサに取られたのでタスキに頼らないステロ要員が必要だった。その中でクチートと弱点が被らず、対ガルーラ性能があるカバルドンが選ばれた。最近多い電気枠にも強く、砂ダメージも合わせて削り性能もあり、ステロ吠えるによって相手のパーティをかきみだしたりと色々なことをしてくれた。クチの不意打ちやアローのブレバ圏内に入れられたら万々歳。
こいつの画像だけなんでこんなに平べったいん?

breloom (1)
・キノガッサ@きあいのタスキ
【調整】意地AS
【技】タネマシンガン/マッハパンチ/がんせきふうじ/キノコのほうし
意地のタスキガッサ。陽気にしろ意地にしろコイツの対面性能は異常。
初手のどっちか分からないリザを両方とも処理できるのがガッサ。Yは岩封、Xは岩封→マッチで無振りが確定。
どちらか分かっているorこっちが積めているポ状態であれば突破しやすいので初手対面をカバーする形に。
それ以外にもカバラグ等初手で起点を作ってくる形には胞子が刺さりやすいので安定して強かった。

suicune2.gif
・スイクン@たべのこし
【調整】臆病HSベース
【技】ねっとう/めいそう/みがわり/まもる
みがわり残飯型のスイクン。プレッシャーまもみがでPP勝負も可能。
クチートが苦手なヒードランやバシャーモ、初手に多いカバガッサが苦手なマンムーに強いポケモンとして採用。拘り持ちに強く、大方の特殊アタッカーは封殺できたりする。C無振りのメガゲン程度のシャドボなら瞑想1積み身代わりが耐えたりする。C170族とは・・・。めいそう守るで回復しながら積んだり熱湯守るで戦ったり食べ残しの恩恵が本当に強かった。
吠えるが欲しいシーンも多かったが、臆病の速さを生かすならこのまもみがでよかった気はした。
ボルチェンは身代わりで流すもの。
talonflame.gif
・ファイアロー@こだわりハチマキ
【調整】意地AS
【技】ブレイブバード/フレアドライブ/とんぼがえり/ねごと
ゲンガーとバナガッサエルフナットあたりの草に苦しんだ末に入ってきたポケモン。
当初この枠はボルトロスだったが、眠り粉フシギバナに分からされてコイツが入ってきた。先制技が多く、ステロも撒くこの構築では相手の死にだしされたポケモンに対してダメージが入りやすいので、ハチマキアローで掃除するという流れを容易に作ることができた。
適当に扱っても強いコイツをどうにかしてほしい。あとばっさばっさするせいで画像が縦に長い。カバとは雲泥の差。


基本選出はガッサorカバルドン+クチート+カイリューorファイアロー。
裏の2匹はちょいちょい変わるが先発は基本的にはこの2匹だった。
ステロの通りがよかったり、サイクルを回されたくないときはカバ、草受けが居なかったり、リザやゲコ等を初手で出されると面倒なときはガッサのような感じ。どちらも選出できそうにないときは積みやすいカイリューを投げて展開する形に。
残る2匹は基本的にはクチート+αが一番多かったと思われる。カイリューの刺さり具合やブレバの一貫性から2匹のうちどちらかを選択。環境的にスイクンが増えていたので吠えられないスイクンは基本的にはお留守番だった。でも選出したときは決まって活躍するので必要な枠ではあるのだと思う。

それ以外にはアロークチートカイリューのような完全な1-1交換を目指した選出も強かった。
対面性能が高いポケモンが多いので柔軟に選出することができたのも強みの1つであると思う。

この構築の欠点はやはりメガゲンガー。身代わりと持たれていると最悪。
エースのクチートは道連れで1-1交換され、カイリューは鬼火で機能が停止し、ガッサは火傷すると身代わりが壊せない始末。アローはゲンガーに強いが後出しは難しく、苦しむことが多かった。


九尾杯参加者そして運営のキツネさん。お疲れ様でした。
最近シングル勢に戻ってレートにもそこそこ潜っていたのでなんとか予選を抜けられてよかったです。
普段サイクル系の構築をよく使っていたので久しぶりにこの手の構築を使い、発見も色々とありました。スイクンが増えた、ゲンガーが戻ってきた、マンダが減ったなどKPデータを見るに環境にも変化があり、これを機にまた構築改良に努めていきたいと思います。

全く関係ありませんが先日、国際孵化産色♀イーブイが孵りました。これでORAS環境でも色グレイシアが使えるようになりました。クチート構築強化に加え、グレイシア軸の構築も何か組めたらなと思っています。












スポンサーサイト

超高種族値スタン【ジェネレーションショウダウン】

【ORASダブル】アンチガルーラスタン ポ一大会4位構築

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。