0 comments
0 trackbacks

ポケラバーズの会という礼儀サークルに所属している私ですが、先日行われたポケモンサークル1年生交流大会(通称:ポ一)に参加してきました。

2日間に分かれてシングルとダブルの両方の大会が行われたのですが、初日のシングルはバイトで行けなかったので二日目ダブルの部だけ参加しました。(そろそろシングル勢とかいうのが本格的に怪しくなってきた。

なんとかベスト4入りすることができたので記念に構築晒しでもしようかと思います。

アンチガル
今回のコンセプトは、ダブルの王者メガガルーラに隙を見せないこと。
ガルーラニンフィアボルトランドクレセドランのようなレートで多く見かける構築に対して比較的安定な勝率を出すことができればというのがこの構築のスタート地点。そこで構築の軸にメガゲンガーを置いたものを作ることにした。

個別解説は以下。

kangaskhan-mega.gif
・ガルーラ@ガルーラナイト
【調整】陽気H4A172B76D4S252
【技】すてみタックル/れいとうパンチ/けたぐり/まもる
ガルのけたぐり耐えガル。ゲンガーが刺さる相手にはゲンガーを、それ以外には単純に強いガルーラを出したら強そうだと思った。ゲンガーが強すぎて選出されなかった。ゲンガーをメガさせずにメガ2枚選出とかいう択をこの記事書くまですっかり忘れてたせいだと思います。

gengar-mega.gif
・ゲンガー@ゲンガナイト
【調整】臆病H252B68C4D4S180
【技】シャドーボール/おにび/かなしばり/まもる
陽気メガルのれンチ2耐え 臆病サザンの悪波耐え メガ前最速100族抜き
対ガルーラ性能の高いゴーストタイプの強力なメガ枠。特性の影踏みや鬼火、金縛りで高い縛り性能を持つ。
ランドロスと合わせて威嚇ハメをしたり、鬼火で物理アタッカーを弱体化させてからニンフィアで殴れるのが強かったです。

aegislash-blade.gif
・ギルガルド@いのちのたま
【調整】冷静HC
【技】シャドーボール/ラスターカノン/かげうち/キングシールド
かげうち搭載の珠ガルド。ガルーラ、よくガルーラの横にいるニンフィア、クレセリアなどに強いポケモンとして採用。
相手のゲンガーが重かったり、ちょっとした打点調整に便利なかげうちを搭載しました。残りはテンプレ通り。

sylveon.gif
・ニンフィア@こだわりメガネ
【調整】控えめH164B252C88S4
【技】ハイパーボイス/めざめるパワー地面/シャドーボール/でんこうせっか
サザンなどの悪タイプが見れ、鬼火や威嚇等でB方面のサポートをした後に殴りやすい高Dアタッカーとして採用。
ガルーラやボーマンダの捨身タックルに縛られずに動けるニンフィアが欲しかったのでBに割いた。意地マンダの捨身を最高乱数切って耐え程度の耐久を持つため、陽気ならガルーラの捨身タックルも耐えることができます。
謎の恩恵として、太鼓マリルリのアクジェ耐えたりします。(知りませんでした)
元々シングルでラム型の個体で使っていたものをそのまま流用したためにでんこうせっかとかいう技が・・・。

landorus-therian.gif
・ランドロス@こだわりスカーフ
【調整】意地AS
【技】じしん/とんぼがえり/いわなだれ/ばかぢから
テンプレofテンプレのスカーフランドロス。じしんに強いのと、威嚇と影踏みのシナジーから投入された。おかげでキリキザンがゲロくなった。型自体に関しては本当に普通なので略。
talonflame.gif
・ファイアロー@あおぞらプレート
【調整】意地っ張りH220A252S36
【技】ブレイブバード/フレアドライブ/つるぎのまい/まもる
リザ、ドーブル、ニンフィアなどに対する打点となり、トリルに対して一方的に上から殴られることのなくなるファイアローを採用。ゲンガーのハメ性能から起点を作ることができるのではと思い、剣の舞型で採用。
当初は意地ASの予定だったが、別ロムから連れて来られたのがHAベースのこいつだった。送りなおそうかと思ったが、耐久が高い方が剣の舞が成功しやすくなること、アローミラーで後手にはなってしまうもののガルなどに不意打ちを打たれることはまずないと思ったためそのまま採用しました。Sはなぜか最速クレセ抜きまで振られてます。結果的にSが足りなくて困ったことよりも耐久があって助かった方が多かったので間違いではなかったと思います。
毎回思うけどアローのgif画像でかない?



【選出等】
初手はゲンガー+ランドロスかゲンガー+ニンフィアで選出することが多かったように思います。
そこから、ゲンガーで影を踏みながらギルガルドの優秀な耐性やランドロスの威嚇で有利に場を整えていくというのが最もきれいにハマるパターン。上にも書いたがガルーラの出番はありまーせんっでした。

【欠点その他】
主軸となるゲンガーガルドニンフランドがこぞってキザンに弱いのが相当辛い。
また今回ランドロスの厳選が間に合わなかったため、過去産のランドを使ってXYリーグで調整をしていたため、メガマンダが非常に辛いことを当日の初戦(マンダ入り)で初めて知ることになりました。辛い。

トレカの下に小さく書いたが、今回の大会でメガガルーラ軸のスタンパには一度も遭遇しませんでした。いても他のメガと混ざってて他の方が出てくるだけ。レートと大会の環境の差をよーく学びました。

ガルーラの選出回数が少なかった(と言うか無かった)こと、上のポケモンが重いこと、そこまでガルーラばかりでないこともあることを考慮して新たなメガゲンガー軸の構築を組みたいです。


ポー参加者並びに運営してくださった皆様、本当にお疲れ様でした。
楽しい交流大会をありがとうございました。
 




スポンサーサイト

【第130回九尾杯予選抜け構築】クチートカイリュー

【ジャンフェスダブル】ガルニンフアスガルド

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。