FC2ブログ
0 comments
0 trackbacks

本日ポケモンセンターにて開催された「ポケモンセンターバトルチャンピオン決定戦」に参加してきました。前回のシングルの記事でも書きましたが、大会形式は制限時間内に何勝できるかを競うというものです。ポケモンセンターで配布されていたメガストーン持ちのポケモンが必須なカロスダブル(ムーバーあり)見せ合い4-4で、PTには1匹まで禁止伝説(ゼルネアスイベルタルジガルデミュウツー)と別枠でダークライを入れることができます。前回参加してポケセンバトル熱に火がついてしまい、慣れないダブルバトルですが参加してきました。
ルール的にPT公開する意味を全く感じないのですが、個人的に面白かったので晒そうと思います。(圧倒的自己満足)

xerneas-active.gif
・ゼルネアス@ラムの実
【調整】意地っ張り H220A252D36
【技】インファイト/いわなだれ/つじぎり/まもる
圧倒的地雷枠。恐怖の物☆理☆型ゼルネアス。当初は珠を持つ予定だったのでHは10n-1になっていますが、結局ラムにしてしまったのでHぶっぱで問題ないと思います。特性フェアリーオーラはすべてのフェアリー技の威力が4/3倍されるという壊れ性能なので、これを利用してクチートのじゃれつく、ニンフィアのハイパーボイスをサポートします。その際、相手のファイアローガルーラギルガルドあたりがとても重くなるので謎の物理型ゼルネアスが誕生しました。インファイトは無振り理想個体のメガルには低乱数1発ですが、大会の特性上個体値を甘えていた場合は乱数が変化するので十分だと思っています。実際ゼルネニンフィアの並びには後ろからアローを投げられる機会が多かったので岩雪崩はかなり刺さった印象でした。ラムの実はダークライ対策と、ニャオニクスの威張るからA2段階上昇で物理技をうてるということで採用しました。「受験おわったさぁポケモンだ!ゼルネアス?そんなポケモン知るか適当に捕まえてけばいいでしょ」の結果うちにいたゼルネアスは意地っ張りHADVというカオスな個体でした。ダブルということでゼルネニンフィアの並びを使ってみたいなぁと思ったのですが、持っているのはこの個体のみ。それでもなんとか採用理由を強引にひっかき集めた結果本当に物理ゼルネアスで挑むこととなりました。なので↑の理由から物理ゼルネアスを採用したというよりは物理ゼルネアスを使うとしたらというとこから↑の理由を強引に引っ張りだしただけです。最終戦では普通にジオコンゼルネの前にひれ伏しましたし普通のゼルネアスの方が強いと思います。厳選したみなさんは素直にジオコントロールしましょう。

sylveon.gif
・ニンフィア@こだわりメガネ
【調整】控え目 H164B84C240S20
【技】ハイパーボイス/寝言
いつもの子。まーたこの子です。今回は技を変えて参戦。ダークライ相手にも寝言で確実にハイパーボイスしていきます。フェアリーオーラのおかげでダブル補正で威力が3/4倍になるハイパーボイスの威力が4/3倍されて1倍になり、相手2体ともにシングルダメージのハイパーボイスが襲い掛かります。単純に強いです。トリックルームのサポートがあれば相手のPTをほぼ壊滅させることができます。もうほんとにニンフィアについては書くことがなくなってきました。結論、やっぱりこのルールでもニンフィアは強かった。でもこの型にワイドガードだけはやめてください死んでしまいます。

mawile-mega.gif
・クチート@クチートナイト
【調整】いじっぱりHぶっぱ D微振り(ゼルネニンフィアのシャインハイボ耐え) 残りA
【技】じゃれつく/ほのおのきば/ふいうち/まもる
配布メガ枠。ただでさえ壊れ性能のメガクチートの横にフェアリーオーラが・・・。メインはニャオニクスとともに先発で出して、うちのPTが苦手なガルーラやファイアロー、クチート等のAを下げながらじゃれつくや不意打ちで削っていました。神秘の守りを張った後はクチートに威張ることで割となんでも落とせました。やっぱ火力えげつないです。個体値はHADが26以上でBが9というまぁまぁな個体。なので正確な努力値配分は無意味だと思い調整先だけ書きました。Sは奇跡的に最遅ガルド-1だったのですべてのガルドを下から叩くことができます。(アローが辛いんだったらクチートに雪崩入れればいいのいね)

meowstic.gif
・ニャオニクス@オボンの実 (NN:ねこにこにー)
【調整】H244D100B164
【技】トリックルーム/まもる/しんぴのまもり/い☆ば☆る
ダークライガチアンチ枠。同時にトリックルームで展開をサポートしたり、威張るで相手の行動抑制及び相方の火力の底上げをしていきます。HDはダークライの悪の波導耐え調整です。ダークライ入りが多かったのと、下手にゼルネニンフィアあたりがガルーラ等から圧力を受けるのが嫌だったので先発で神秘なりトリルなりをすることが多かったです。威嚇でB耐久を強化してくれ、神秘威張るのサポート対象でもあるクチートを横に並べることが多かったです。攻撃技がなかったので挑発が怖かったですが、うたれたのは1回だけでした(その試合負けたのでやっぱ挑発キツイです)。コイツのおかげで裏がダークライに怯えず殴ることができたので重要なサポート役として活躍してくれました。NNは「にっこにっこにー」をもじって「ねっこにっこにー」を6文字に入るようにして「ねこにこにー」になりました。相手さんに「NN可愛いですね」って言ってもらえたのとニンフィア(NN:ほのか)との絡みがなくもないので紹介しました。(でも♂だよね?とか言わない)


とまぁこのようなフェアリー軸のトリルスタンみたいになりましたが、戦績は12勝4敗で代表にはなれませんでした。今回のボーダーラインは16勝だったのであと4勝足りなかったです。サークルメンバーの方も14勝が1人、13勝が1人、12勝が自分込で2人とその他だったので、今回も残念ながら身内からの代表は出ませんでした。最初の2戦は遂行速度の速いであろうトノグドラクチートクレッフィという雨パを使っていたのですが、2戦目でハイドロポンプの命中率が0/4、濁流も片方にしか当たらない、じゃれつくもはずすというひどい負け方をしたので、もし代表になれたら使おうと思っていたフェアリー軸に切り替えました。1戦目でもドロポンは当たってませんでしたし、やっぱり命中不安定な雨パは自分には使えませんでした。それに比べてハイパーボイスの安定感は魅力的ですね。なんたってはずさないんですから!もう永遠にニンフィア使うのがやめられない気がします。
ダークライの出られるダブルバトルと聞いて絶対ダークホールが飛び交うなーと思ってニャオニクスを採用しましたが、身内の1人が神秘封印クレッフィ+ダークライを使っていたらしく、対策の甘さを感じさせられました。また、強かった方はまずニャオニクスの前ではダークホールなんてうちませんでしたし、ニンフィアの寝言も警戒されてダークライにヘドロばくだんされたときは完全にやられたなと思いました。やっぱりもっと考察が必要みたいです。
物☆理ゼルネアスから始まった闇のPTでしたが、割と勝てたのでうれしかったです。

次回のポケセンバトルはサークルの合宿と被ってしまったので参加できません。リベンジできないのは残念ですが、いつか代表になれることを信じて頑張っていこうと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。ご意見ご感想等お待ちしております。
スポンサーサイト

イーブイフレンドリーマッチ

【第125回九尾杯使用構築】ニンフィアランドロス

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。