FC2ブログ
0 comments
0 trackbacks

久しぶりにシングルの構築記事となります。(シングル専門ってなんだっけ)
この構築はシーズン4ラストあたりで使っていたニンフランド(詳しくは少し前の【第125回九尾杯使用構築】ニンフィアランドロスを参照してください)がいろいろと変化した先の1つになります。
シーズン5はほぼずっとニンフランドの並びを使ってきましたが、シーズン4と比べるとゴツメランドの個体数が増え、それに伴ってゴツメランドに対する対策も増えてきたように感じました。そのためか、前のようにきれいにサイクルを回すのが困難になってきたと感じたため公開したいと思います。

先日の合宿で「レートで10勝するまで寝られま10」みたいな企画をやり、そこでこの構築を使用しました。
10勝6敗で終了。最初に別のPTで4連敗したためこの構築に変更したので、この構築自体の戦績は10勝2敗です。
かかった時間は全体で2時間ほどだったので、12戦にかかった時間は1時間40分ほどだと思います。
ねむれま10で潜ったレート帯は1700~1800あたりです。

無題8

今回は前回よりもとんぼルチェンを意識して構築しました。とんぼ枠はランドでいいとしてボルチェン枠ですが、今回は様々な観点からサンダースを採用しました。ブイズ如きがと思われがちですが、ダースの利点は色々あります。詳しくは後述。
ニンフダースブースターまではそのままですが、霊獣ランドも四足歩行、メガゲンも両手地面についてるから勝手に四足歩行、ポリ2も見た目四足歩行の動物っぽいでしょってことでこのPTはきっとブイズです。

冗談はさておき個々の解説に移ります。

sylveon.gif
・ニンフィア@メガネ
【調整】控え目H164B84C240S20
【技】ハイパーボイス/シャドーボール/めざめるパワー地面/サイコショック
い つ も の 子。この間短い間ですが、PGLの総合レートのページでKP上位にランクインしてましたね。余りに有名になりすぎてブイズだということを忘れそうになります。いつも通り高火力のハイボでひたすらに圧力をかけていくお仕事。とんぼるで有利対面作ってあげて投げましょう。半減でもメガクチート程度なら後出しを許しません。

jolteon.gif
・サンダース@命の珠
【調整】臆病CS
【技】10万ボルト/ボルトチェンジ/めざめるパワー氷/いばる
とんぼるのボルトチェンジ枠。今回サンダースを採用した理由は主に3つあります。
1つ目は速い電気であること。電気タイプにスカーフを持たせるのはガブリアスやランドロスが多い環境ではあまりしたくなく、その中でゲッコウガやファイアローの上を取りつつ、メガゲンガー相手にも同速勝負を持ちこめるサンダースは優秀だと思っています。同じようなポジションにライボルトがいますが、それとの差別化は2つ目の項目で。
2つ目はメガ枠でないこと。サイクル戦をしかけるにあたって、相手のサイクル崩壊を狙えるメガゲンガーの採用を考えたとき、必然的にメガ枠を消費するライボは無理なのでサンダースに出番が回ってきます。
3つ目の理由として、他の電気タイプに強いこと。サイクルを回すパーティが増え、霊獣ボルトやライコウが増えた印象を受けました。その中でサンダースは、電気単という優秀なタイプと逐電というこれまた優秀な特性のおかげで、相手のボルトチェンジを許さず、飛行複合には等倍電気技、もしくは抜群のめざ氷を叩き込むことができます。
これら3つの理由からサンダースを採用しました。
調整に関しては最速確保しつつ火力も欲しいのでCS極。持ち物はスカーフ以外のガブを縛れるのと、火力増強のため珠。技に関しては前3つに関しては何も問題ないと思います。問題なのは最後の不穏な技。
ライコウ等の単電気とシャドボ打ち合うよりは威張るで1回でも自傷引かせた方が効率がいいんじゃないかと考えた結果の採用となりました。それ以外にもワンチャン残せる技として打つ機会は色々とありました。火力が不足気味のサンダースの確定数ズラしや、どうしようもないときの一手として使い勝手は悪くなかったです。Swagger is GOD!
landorus-therian.gif
・ランドロス@ゴツゴツメット
【調整】腕白H212A12B252D4S28
【技】じしん/とんぼがえり/がんせきふうじ/だいばくはつ
最近増えてきてしまったゴツメランドロス。ガブリアスとかガルーラとかKP上位にささってるポケモン。
威嚇のおかげで事実上HBクレセ以上の物理耐久を保有しており、かつとんぼ返りがうてる優秀な子。ただ交代読み交代を決められると色々な特殊アタッカーに上から縛られてしまうことが少々つらかった印象です。何回スカーフだったらと思ったことか。ゴツゴツスカーフください()。あとガブガル同時選出されると回復技を持たないランドではつらい面もあったので色々と課題は多いと思います。でもサイクルをまわすにあたって、ニンフィアととても相性のいい物理受けであることは間違いないと思います。

entei.gif
・ブースター伝説フォルム@突撃チョッキ
【調整】陽気H132A196B4D20S156
【技】せいなるほのお/ストーンエッジ/じならし/ニトロチャージ
神速のないエンテイなどただのブースター。何度神速が欲しいと思ったことか・・・。
主にゲンガー、ギルガルド、特殊フェアリーをみる枠。チョッキを持つことである程度の特殊耐久を得るので特殊アタッカー相手には有利に立ち回れ、物理アタッカーの繰り出しを聖なる炎の5割火傷で牽制します。聖なる炎2回+火傷1回分で191-94ぐらいまでのニンフィアが確定、じならし+聖なる炎でH252メガゲンが確定。Hは207になるように振り、Sが準速100族抜き、残りDって感じです。クラウンでない分、せめて準速100族を抜きたいなぁという思いからの配分ですが、ガル見たらだいたいランドバックですし、他にみたい100族も特に見当たらないので最速ドラン抜き程度まででよりAかDに振った方がいいと思います。(クラウンなら尚のこと)

gengar-mega.gif
・ゲンガー@ゲンガナイト
【調整】臆病HS
【技】シャドーボール/ほろびのうた/みちづれ/まもる
サイクルカット枠。光合成持ちのメガフシギバナを突破できるポケモンがいなかったため、滅びの歌持ちのメガゲンガーを採用。嫌なポケモンがいたら初手でメガって、タイミングよく影を踏めたら道連れで仲良くさようなら。相手のこだわり持ちを守るで縛って云々っていう動きも強かったです。こだわりじしんを守ってランドに交代等々。鬼火や身代わりが欲しい場面、フシギバナにあまり遭遇しなかったことも考えるとゲンガーの型はもう少し考える必要があるかと思います。

porygon2.gif
・ポリゴン2@しんかのきせき
【調整】図太いHBベース C微振り
【技】ほうでん/イカサマ/めざめるパワー炎/じこさいせい
ゲンガーポリ2とかいう有名な並びを作りつつ、ランドを過労死させないためにガブガルの同時選出を躊躇わせてる(つもり)。ラティハッサムを使ってたころに、ハッサムの蜻蛉+テクニめざ炎でH252メガハッサムが確定とかいう調整で使ってたポリ2の流用。今考えると普通にれいBあたりでよかった気がします。
いたって普通のポリ2なので特に説明することはないです。普通に強い。そして硬い。



構築記事を書くと改めて自分の中でそのポケモンの立ち位置を把握できるのでいいですね。終盤になって勝てなくなった原因は、ゲンガーポリ2の2匹をうまく扱えていなかったことのような気がします。だいたいの試合をニンフランド+エンテイorサンダースで選出していたような気がするので。ゴツメランドの対策が増えてきたのに加え、自分がランドの耐久を過信していたのだと思います。

ゲンガーを使いたかったため今回はサンダースを採用しましたが、もう1つ別のパターンとして、影踏み枠にソーナンスを採用したニンフランドライボナンスバンギブシンという構築も作ってみました。が、勝率が芳しくなかったので解散。前述した企画「ねむれま10」において最初に4連敗した闇の構築がそれです。4連敗した後にこっちのニンフランドで6連勝したときは「ポケモン楽しいーwwww」とかやってました^^。

次のシーズンでニンフランドを使うかどうかはわかりませんが、好きな並びなので発展させていければと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。ご意見ご感想等お待ちしております。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。